あなたの「売りたい!」をお手伝い!物品販売支援サイト

>

ブランド品じゃなくても大丈夫?あなたのお悩み解決サポート

これがあれば「勝ち組」!売れる商品

何もしなくても、放っておいても売れるとはどういうことでしょうか。
それは、日常生活で継続的に使えることが前提になります。

たとえば、石けん、洗剤、筆記用具。
こういった消耗品は、細かい特徴にこだわることは別として、機能面ではさほど変わらないため、そこまで意識せずとも購入しています。

逆に言えば、なくては「困る」ものは、むしろ「買わなきゃ」という使命感が働きます。
この商品を買って、毎日の生活をより豊かにしましょう、と言われても、人はなかなか行動には移れないものです。
特に、忙しさがどんどん増していく現代社会では、現状に何かをプラスするのは難しいです。

ですが、毎日あったものがなくなってしまう状況だと、「日常」が変わってしまうので、「これがないと」という焦りが生まれます。
ブランド品ではなくとも、既にあるものの代わりになる商品は売れやすいと言えるでしょう。

これでいいの?「魅せる」!売り方とは?

安くて便利。それを実現できるのが日本製品ですよね。安くて便利だと、「おトク」な感じがしますよね。
ブランド品なら、元の価値が高いので、少ししか値段が下がっていなくても、「おトク」と感じやすいです。

でも、諦めてはいけません。ブランド品ではなくても、業者のように大量に販売しなくても、「おトク」感を生み出すことはできます。

毎日使うかばんを思い出してみてください。かばんを新しくするとき、何を重要視するでしょうか。
デザインはさることながら、一番気になるのはその容量や機能性ではないでしょうか。
壊れにくく耐久性に優れていたり、ポケットの数が多いと、利便性が高いと言えます。

長く使えると思えば、多少高いものでも、「元がとれる」と人は考えやすいです。
日本人は特に、物をとても大切に扱いますから、長期目線で物を買います。ですから、ブランド品ではなくとも、長期的に「おトク」な商品は売れやすいと言えるでしょう。


この記事をシェアする